あなたの街の登記申請の専門家をご紹介する総合サイト

登記申請解決ナビ

登記の必要性

不動産に関する所有権や抵当権などの「権利」は目に見えるものではありません。

そのため、不動産登記をしていないと、第三者に対して所有者や担保権者が誰であることが主張できず、他人が勝手に登記して所有者と言い張ることもできます。全くの他人に勝手に登記され土地を売買されたり、抵当権を設定されたりする等のトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

そこで、不動産などの権利を登記という形で公示することで、所有する権利を守ることができます。また、不動産の売買や賃借契約の際に、取引を円滑に進めることができます。

また、会社や法人、個人商人の場合は、取引先の会社がどのような会社であるか、例えば会社の規模や資本金、事業内容、代表者の名前などが分からなくては安全な取引ができません。

登記をすることによって、自社の情報を講じでき、また取引先の情報も確認することができます。そのため、取引上のトラブルを未然に防ぐことができ、会社間の取引の安全と円滑化を図ることができます。

今すぐ専門家を探す

登記申請に強い専門家をPICK UP!!

登記申請に強い専門家を「登記申請解決ナビ」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 はんこ Q&A QRコード